豆乳の美白効果|豆乳で肌が白くなる?美白に豆乳がおすすめって本当?

美白

透明感のある美しい肌、女性なら誰しも憧れることと思います。

美肌や美白へ叶えてくれる食材として、豆乳が再び注目を集めているのをご存知でしょうか?

こちらでは、豆乳がどのようにして美白や美肌を実現するのか、豆乳の美白に効く成分や期待できる効果、美白に効果的な豆乳レシピなど幅広くご紹介します。

 

豆乳とは?

豆乳とは、豆腐を作る際に大豆をすり潰して絞った乳液状のものです。

豆乳の元となる大豆はそのまま食べると栄養の吸収率が悪いのですが、豆乳だと効率良く大豆の栄養を摂り入れられます

また大豆の食物繊維はおからとして分離されるので、胃腸が弱い人でも安心して取り入れられるメリットがあります。

 

豆乳には種類がある

市販の豆乳には大きく分けて無調整豆乳・調製豆乳・豆乳飲料の3種類があります。

これらの豆乳にはそれぞれ特徴やメリットがあるので、なるべく毎日飲み続けられる豆乳を選んで取り入れましょう。

 

豆乳の種類① 無調整豆乳

豆腐を作る際の大豆を絞った乳液状のものに、何も手を加えていない豆乳が無調整豆乳です。

無調整豆乳は大豆固形分8%以上と大豆濃度が極めて高いのがポイント。

無調整豆乳は大豆濃度が高く豆乳の効果を最も実感できますが、豆乳独特の香りなどクセが強いので人によっては飲みにくく感じる場合があります。

 

豆乳の種類② 調整豆乳

無調整豆乳に甘みや油脂や塩を加え、豆乳を飲みやすく調整したものが調整豆乳です。

調整しているため、無調整豆乳に比べると大豆固形分6%と豆乳濃度が少し低くなりますが、無調整豆乳よりも飲みやすく続けやすい豆乳です。

 

豆乳の種類③ 豆乳飲料

調整豆乳にコーヒーや紅茶、フルーツなどの風味をつけ、豆乳入りの飲み物のように加工したものが豆乳飲料です。

調整豆乳をさらに加工しているので、大豆固形分2%以上(果汁入り)または4%以上(その他)と、大豆濃度はさらに低くなりますが、かなり飲みやすくジュースの様なので美味しく続けられます。

 

豆乳の美白に効果的な栄養素

大豆の栄養素を効率よく摂取できる豆乳には、美白や美肌に効果の高い栄養素が含まれています。

こちらでは、それぞれの栄養素から得られる豆乳の美白への効果をご紹介します。

 

豆乳の美白に効果的な栄養素① サポニン

サポニンは、免疫力を高める効果抗酸化作用のある栄養素です。

抗酸化作用は活性酸素の働きを抑制し、シミの元となるメラニン色素の生成や老化による肌トラブルなどを予防する効果があります。

 

豆乳の美白に効果的な栄養素② ビタミンB群

豆乳のビタミンB群には肌のターンオーバーを正常化したり、新しい細胞の生成を促進する効果があります。

シミの原因であるメラニン色素は、肌のターンオーバーが正常であるとシミにならずに排出されるので、豆乳は美白に効果的と言えます。

 

豆乳の美白に効果的な栄養素③ ビタミンE

ビタミンEは血行を促進し、アンチエイジング新陳代謝を高める効果があります。

血流が良くなると肌本来の機能が高まり、メラニンがシミになる前に排出されたり、紫外線などのダメージを受けにくくなるので、シミ予防の美白効果があります。

 

豆乳の美白に効果的な栄養素④ イソフラボン

イソフラボンは女性ホルモン「エストロゲン」に似た働きをして、肌の老化防止やハリツヤを保つ作用、コラーゲンの生成促進や肌のターンオーバーを高める働きがあります。

イソフラボンで肌質が総合的に改善されることにより、メラニンが正常に排出されたり、外部からの刺激を受けにくくなるので、シミを予防する美白効果があります。

 

豆乳の美白に効果的な栄養素⑤ レシチン

レシチンには肌をダメージから保護する効果と、体内に吸収された栄養素や酸素の運搬をスムーズにする効果があります。

豆乳のレシチンはイソフラボンやビタミンE同様に肌質を改善し、美白美肌効果へと繋がります

 

豆乳の美白以外の効果は?

豆乳には美白効果があることがわかりましたが、美白以外にも健康維持や女性特有の悩みの改善など様々な効果があります。

こちらでは、豆乳の美白以外の嬉しい効果をご紹介します。

 

豆乳の美白以外の効果① 動脈硬化予防

豆乳に含まれる不飽和脂肪酸オメガ3は、動脈硬化の原因となる血液中の脂質を抑える効果があります。

また、豆乳の良質なタンパク質は、血管を柔らかく弾性の高い血管にするので動脈硬化予防に効果的です。

 

豆乳の美白以外の効果② 骨粗鬆症予防

骨がスカスカになる骨粗鬆症の予防には、カルシウムだけでなく、カルシウムを骨に定着させる働きのあるマグネシウムも必要です。

豆乳にはカルシウムもマグネシウムも含まれており、両方同時に摂取できる豆乳は骨粗鬆症予防に最適です。

 

豆乳の美白以外の効果③ 更年期障害予防

女性ホルモンのエストロゲンの減少により生じる更年期障害の予防には、豆乳の大豆イソフラボンが効果を発揮します。

大豆イソフラボンはエストロゲンと似た働きをするので、減少したエストロゲンの働きを補って更年期障害を予防する効果があります。

 

豆乳の美白以外の効果④ 貧血予防

豆乳には鉄分が含まれているので貧血を予防したい方にもおすすめです。

食べ物から鉄分を摂取しようとすると調理が大変なので、手軽に鉄分を補って貧血を予防できます

 

豆乳の美白以外の効果⑤ 便秘予防

豆乳には便秘解消に有効なオリゴ糖が豊富に含まれています。

大豆オリゴ糖は、ビフィズス菌をはじめとした善玉菌の働きを活発にし、腸内環境を正常に整える効果があるので、便秘予防に有効です。

 

豆乳の美白以外の効果⑥ 美髪効果

豆乳には髪のハリつやを保つ大豆イソフラボン以外も、美髪に有効なグルタミン酸アスパラギン酸などのアミノ酸が多く含まれています。

グルタミン酸とアスパラギン酸は保湿成分として髪の中に含まれているので、豆乳を飲み続ければ髪の乾燥によるパサツキやごわつきを改善して美髪へ導きます

 

豆乳の美白以外の効果⑦ ダイエット効果

豆乳の大豆タンパクは良質かつ低カロリーで新陳代謝を高めるので、ダイエットにも効果を発揮します。

さらに、豆乳は腹持ちが良く満腹感を得やすいので、ダイエット中の間食を防ぐ効果もあります。

 

豆乳の美白以外の効果⑧ 生理痛軽減

大豆イソフラボンは女性ホルモンのエストロゲンと似た構造のため、ホルモンバランスを整えて生理中の痛みや症状を軽減する効果があります。

ただし、飲み過ぎるとホルモンバランスが崩れる可能性もあるので、適量を飲むのがおすすめです。

 

豆乳を効果的に摂取するにはどうしたら良いの?

豆乳には美白効果だけでなく様々な健康への効果があることがわかりましたが、飲むタイミングや飲み方を工夫するだけで、豆乳の効果をより実感できます。

こちらでは、豆乳を効果的に摂取する飲み方のポイントをご紹介します。

 

豆乳を飲むタイミングに気を付ける

豆乳は飲むタイミングにより得られる効果が異なります。

朝と夜ではどのように効果が違うのでしょうか。

 

豆乳を朝食前に飲むと便秘解消に効果的

朝食前の豆乳は、腸を刺激して排便を促す効果があるので、便秘を解消したい場合には非常に効果的です。

さらに、豆乳に含まれるビタミンB群が脳を活性化させ集中力を高める効果があるので、朝からスッキリと脳を働かせることが可能です。

 

豆乳を寝る前に飲むと美白と美肌に効果的

豆乳で美白効果や美肌効果を狙うなら、寝る前の摂取がベストなタイミングです。

お肌のゴールデンタイムと言われる夜10時~深夜2時は、成長ホルモンが盛んに分泌され、肌がどんどん新しく作られています。

このタイミングに合わせて就寝前に豆乳を飲めば、ゴールデンタイムと相まって豆乳の美白効果や美肌効果を効率良く得られます

 

豆乳の飲み方に気を付ける

豆乳の飲み方を工夫すると、より豆乳の効果を実感できます。

どのように豆乳を飲めばよいのでしょうか。

 

豆乳は少し温めて飲むと効率的に栄養素を吸収できる

効率的に豆乳の栄養素を吸収するには、体温と同じくらいに温めて飲むのがおすすめ

豆乳は製造段階で加熱処理がおこなわれるので、比較的熱に強く温めても栄養素が変化しないという特徴があります。

ただし、温めすぎると栄養素が変化したり、体に負担がかかるケースもあるので、体温から体温より少し温かいくらいの温度で飲むのがおすすめです。

 

豆乳は毎日継続し飲むと効果を実感できる

豆乳の効果を実感するためには、毎日豆乳を飲み続けることが重要です。

肌の生まれ変わり・ターンオーバーはおよそ28日で1サイクルなので、最低でも1ヶ月は飲み続けないと効果を実感できません。

毎日豆乳を飲んでいると飽きてしまう方もいるかもしれませんが、摂り入れ方を工夫したり豆乳の種類に変化をつけて、毎日飲み続けましょう。

 

豆乳に飽きたらコレ!美白美肌に効果的な豆乳レシピ

豆乳飲料はコーヒー味やフルーツ風味など様々な味があって楽しめますが、豆乳飲料よりも効果の高い無調整豆乳や調整豆乳は単調な味なので毎日飲んでいると飽きてしまいますよね?

こちらでは、簡単にできる豆乳レシピを4つご紹介します。

 

美白美肌に効果的な豆乳レシピ① 豆乳鍋

寒い季節は豆乳鍋がおすすめ!

鍋なら手軽で、美白や美肌に良い野菜もたくさん摂れるのが嬉しいですよね。

 

豆乳鍋のレシピ

■材料
鍋の具材:お好きな野菜・鶏肉・豆腐など
スープ:水600ml、酒50ml、鶏ガラスープの素大さじ1、本つゆか昆布だし大さじ3、豆乳250~300ml、塩小さじ1、砂糖小さじ1
■作り方
①鍋にスープと具材を入れて煮込んで完成

 

美白美肌に効果的な豆乳レシピ② はちみつ豆乳

はちみつには、抗酸化作用のあるビタミン群が含まれているので美白効果があります。

これにバナナやかぼちゃなどフルーツや野菜をプラスすると、味にバリエーションができて楽しめます。

 

はちみつ豆乳のレシピ

■材料
無調整豆乳1杯、はちみつ大さじ1
■作り方
①少しレンジなどで温めて完成

 

美白美肌に効果的な豆乳レシピ③ 豆乳ヨーグルト

豆乳ヨーグルトはモデルさんや女優さんの間で人気

豆乳ヨーグルトには美白効果に加えて、健康やダイエット効果や脂肪を落とす効果もあるのでおすすめです。

 

豆乳ヨーグルトのレシピ

■材料
無調整豆乳400cc、お好きなヨーグルト大さじ4
■作り方
①豆乳を人肌程度に温める
②①にヨーグルトを加えて混ぜる
③水筒など保温の出来るものに入れラップをかけてたっぷり湯をはり、保温の状態にした炊飯器に入れる(40℃くらいがキープできれば炊飯器じゃなくてもOK)
④一晩置いて完成

 

美白美肌に効果的な豆乳レシピ④ トマトと豆乳のスムージー

豆乳にトマトのリコピンパワーをプラスするとより美白効果が高まります

とても簡単でダイエット効果も期待できるので、1食置き換えダイエットとしてもおすすめです。

 

トマトと豆乳のスムージーのレシピ

■材料
ミニトマトorトマト100g、ヨーグルト100g、豆乳50ml、塩ひとつまみ
■作り方
①トマトはへたをとり、湯剥きし、皮を剥く
②全てをミキサーにかける
(甘さがたりなければはちみつを足してもOK)

 

豆乳にデメリットはないの?

豆乳は美白効果や美肌効果だけでなく、ダイエットや健康にも効果があるなど嬉しいメリットがたくさんありますが、過剰摂取すると体に悪影響を及ぼします。

こちらでは、豆乳の過剰摂取によるデメリットと一日の摂取量の目安をご紹介します。

 

豆乳を飲み過ぎると女性ホルモンのバランスを崩す

これまでにも述べてきた通り、豆乳に含まれる大豆イソフラボンは、体内に摂り込まれると女性ホルモン「エストロゲン」と似た働きをします。

大豆イソフラボンが女性ホルモンのバランスを悪くし、不妊症、生理周期の乱れ、乳がんのリスク向上、甲状腺機能低下などの悪影響を及ぼす可能性があります。

 

豆乳の摂取量 1日の目安は?

豆乳による悪影響を防ぐためには、過剰摂取せずに適量を飲むことが大切です。

大豆イソフラボンの摂取量は1日70mgまで、豆乳の種類にもよりますが1日約200ml(コップ1杯分)を目安に毎日飲み続けましょう。

 

豆乳を飲めば、美白も美肌も健康も叶う!

豆乳の美白効果を中心に美肌効果や健康効果、効果的な飲み方や豆乳レシピまでご紹介しました。

豆乳は体の中から働きかけて、美白も美肌の健康も叶う万能飲料。

スーパーやコンビニなどどこでも手軽に買えるので、日々の生活に豆乳を取り入れてみてはいかがでしょうか。

 

The following two tabs change content below.
真山ゆう子

真山ゆう子

学生時代から美容に興味があり、プチプラコスメを中心に様々な商品を使用。 2018年にIT企業から独立してライターへ転身。 化粧品や美容グッズの商品レビューや、美容関連の記事を中心に執筆。 肌質は乾燥に傾きがちな混合肌で、身体の中と外からスキンケアに取り組み中。

コメント