顔のシミを消す方法|本当にセルフケアで美白になれるの?

美白

顔のシミは目につきやすいのでとても気になりますよね?

顔のシミを消すにはどうしたら良いのか、そもそも顔のシミを消すことができるのか分からない方も多いのではないでしょうか。

こちらでは顔のシミを消す方法を、自宅でできる簡単なケアから皮膚科のケアまでご紹介します。

顔のシミを消すおすすめの化粧品や、顔のシミを隠すメイクテクニックなどにも触れていくので、顔のシミを消したい方も顔のシミを隠したい方も是非ご覧ください。

 

顔のシミは消すことができるの?

目元や頬にできた顔のシミは消すことができるのでしょうか。

こちらでは、シミができるメカニズムと、顔のシミを消せるのかどうかについて解説します。

 

顔のシミの原因とは?シミができるメカニズムは?

顔のシミの原因には乾燥や肌への摩擦などもありますが、最大の原因は紫外線です。

紫外線などの刺激が肌に与えられると、シミの元となるメラニン色素を生成するメラノサイトが活性化され、メラニン色素が生成されます。

メラニン色素は悪者のように思えるかもしれませんが、肌への刺激から肌内部を保護する役割があります。

顔のシミの原因となるメラニン色素は、通常であれば肌のターンオーバーにより排出されシミになることもありません。

しかし加齢や、肌の乾燥、生理前や妊娠中など、ホルモンバランスの乱れにより肌のターンオーバーが乱れると、メラニン色素が排出されずにシミになります

 

顔のシミには消せるシミと消せないシミがある

顔のシミを消す方法として、美白化粧品やレーザー治療が真っ先に思い浮かぶのではないでしょうか。

しかし顔のシミには種類があり、シミの種類によって効果的なシミを消す方法が異なります。

自分の顔のシミを消したいのであれば、まずは自分の顔のシミがどれに該当するのかきちんと把握して対処するのが重要です。

 

主なシミの種類とシミ対策の相性

美白ケア レーザー治療 その他
老人性色素斑 フォトフェイシャル他
炎症性色素沈着 × ピーリング
雀卵斑(そばかす) フォトフェイシャル
肝班(かんぱん) × トラネキサム酸
脂漏性角化症 × 液体窒素

 

ここからは顏のシミの種類をご紹介するので、自分のシミがどのシミなのかチェックしてみましょう。

 

顔のシミには種類がある

主要な顔のシミの種類、5つをご紹介します。

 

老人性色素斑

老人性色素斑は主に紫外線や肌への刺激などが原因でメラニン色素が蓄積して発生する、一般的なシミです。

 

老人性色素斑の特徴とは

  • シミの色は薄い茶色~濃い茶色
  • シミの形は不定形
  • シミの大きさは米粒ほどから5cmまでになることも
  • シミと肌との境界線がはっきりしている
  • シミが点々と散らばっている
  • シミが左右対称ではない
  • 紫外線を浴びることが多い人にできやすい

 

老人性色素斑を消すには

初期の薄いシミの場合、美白化粧品や美白医薬品などのセルフケアで消せます。

濃くなったシミは皮膚の構造自体が変化しているので、レーザー治療などの皮膚科の治療が必要です。

 

炎症性色素沈着

炎症性色素沈着はニキビ跡や虫さされ、肌への刺激や摩擦が原因で発生するシミです。

 

炎症性色素沈着の特徴とは

  • シミの色は茶色や褐色、黒褐色などさまざま
  • シミの大きさや形、できる場所は不定
  • 虫さされや傷痕にシミができた
  • 毛抜きや脱毛をした部分にシミができた
  • 炎症や傷の形でシミになっている
  • アトピーの人にできやすい
  • ニキビができやすく、ニキビ跡が残りやすい人にできやすい

 

炎症性色素沈着を消すには

炎症性色素沈着は、美白化粧品や美白医薬品の美白ケアで消せます。

皮膚科の治療では、レーザー治療は向いておらず、ピーリングの治療がおすすめです。

 

雀卵斑(そばかす)

そばかすは主に遺伝が原因で発生するシミですが、紫外線の影響で後天的にそばかすできる場合もあります。

 

雀卵斑(そばかす)の特徴とは

  • シミの色は薄い茶色~濃い茶色
  • シミの形は円だけでなく、三角や四角などさまざま
  • シミの大きさは直径数ミリ程度
  • 鼻と頬骨のあたりにシミが散らばったようにできている
  • 5歳~10代の頃にシミができはじめた
  • 家系にそばかすの人がいる
  • 色白の人にできやすい

 

雀卵斑(そばかす)を消すには

そばかすは美白化粧品が有効と言われていますが、遺伝的要素が強いので後天的なそばかすの予防に有効です。

そばかすは皮膚科のレーザー治療でも消えますが、広範囲に照射ができるフォトフェイシャルが効率的です。

 

肝斑(かんぱん)

肝斑は女性ホルモンのバランスの乱れが主な原因で発生するシミです。

 

肝斑の特徴とは

  • シミの色は茶色や灰色などさまざま
  • シミの大きさや形は不定
  • シミと肌との境界線がはっきりしない
  • 頬骨あたりに左右対称にシミができている
  • 妊娠や経口避妊薬(ピル)の服用をきっかけにシミができ始めた
  • レーザー治療を受けてシミが目立つようになった
  • 30~50代、更年期の方にできやすい

 

肝斑を消すには

肝斑はトラネキサム酸が効果的で、トラネキサム酸配合の美白化粧品や美白医薬品で薄くなるケースもあります。

肝斑はレーザー治療で悪化する場合もあるので、注意が必要です。

 

脂漏性角化症

脂漏性角化症は元々あったシミが紫外線や摩擦などの刺激により悪化して発生する、イボ状のシミです。

 

脂漏性角化症の特徴とは

  • シミの色は茶色や褐色、黒褐色などさまざま
  • シミの大きさや形、できる場所は不定
  • シミと肌との境界線がはっきりしている
  • 元々あったシミがイボのように盛り上がってきた
  • シミの表面がザラザラ、ガサガサしている
  • ホクロと比べると硬い
  • 紫外線を浴びることが多い人にできやすい

 

脂漏性角化症を消すには

脂漏性角化症は美白化粧品などのセルフケアでは治せません。

脂漏性角化症は皮膚科でないと消せず、レーザー治療や液体窒素での治療が効果的です。

 

セルフケアで顔のシミを消す方法 自宅の身近なモノを使用する

自宅で簡単に顔のシミを消す方法はあるのでしょうか。

こちらでは、身近にあるモノで顔のシミを消す方法をご紹介します。

 

レモン汁を顔に塗る

レモンのビタミンCには、今あるシミそばかすを薄くする効果があります。

果汁をそのまま塗っても良いですが、輪切りのレモンを顔に乗せてレモンパックするのもおすすめです。

ただし生のレモン汁は肌への刺激が強すぎるので、敏感肌の方やレモンの刺激に不安のある方は、水で薄めてから使用しましょう

またレモン汁を塗ったまま日差しを浴びると、光毒性という作用により肌にダメージを与えてしまいます。

レモン汁を塗ったりレモンパックをするのは夜だけにし、朝起きたら必ずレモン汁を洗い流しましょう。

 

ヨーグルトを顔に塗る

ヨーグルトもシミそばかす対策に有効なのをご存知でしょうか。

ヨーグルトに含まれるフルーツ酸(AHA酸)が肌の新陳代謝を促し、メラニン色素の排出を促進して綺麗な肌へ導きます。

砂糖やフルーツなどが入っていないプレーンなヨーグルトを顔のシミに塗り、20分放置後に洗い流すだけの簡単な方法です。

プレーンヨーグルトはスーパーやコンビニでも簡単に手に入り、レモンのように光毒性などのリスクもないのでおすすめの方法です。

 

玉ねぎの汁を顔に塗る

玉ねぎにはイオウとビタミンCが含まれており、今あるシミを消す効果が期待できます。

玉ねぎの汁をはちみつと混ぜてシミそばかすが目立つ部分に塗るだけです。

ただし玉ねぎを包丁で切ると涙が出てくるのと同様に、玉ねぎの汁を目の近くに塗ると涙が出てくる可能性があります。

玉ねぎの汁が目に入ると良くないので、なるべく目元には使用せず、目から離れた頬や口元のシミに使用しましょう。

 

アロエの液を顔に塗る

ケガをした時にアロエを塗ると良いと聞いたことが無いでしょうか。

アロエの果肉には様々な栄養素が含まれており、肌のターンオーバーを促進して、肌内部にまでうるおいを与えてシミを薄くする効果があります。

アロエの液で顔のシミを消す方法も簡単で、シミが気になる部分に塗るだけです。

アロエの樹液を取り出すには、アロエの葉を根元からカットし、両側にあるトゲ部分を縦にカットします。

その後、横にカットして小さなブロックに分けたら、表面の皮をはがすように薄くカットすれば塗りやすくなります。

 

馬油を顔に塗る

馬油には血行促進して肌のターンオーバーを促す作用があるので、メラニン色素の排出を促す効果が期待できます。

また馬油には不飽和脂肪酸が含まれており、抗酸化作用や抗炎症作用が高く、肌のバリア機能を高めて、シミそばかす予防にも有効です。

市販のクレンジングや洗顔、化粧水や美容クリームには、馬油を使ったさまざまな化粧品が販売されています。

顔のスキンケアとしても、全身の保護クリームとしても使用できる純度の高い馬油クリームがおすすめですが、自分の肌に合うコスメや好みの使い心地のコスメを探して使用するのが良いでしょう。

 

はちみつパックをする

はちみつにはビタミンBやビタミンCが含まれており、美白効果が期待できます。

はちみつは保湿効果が高く殺菌作用や抗炎症作用があるので、美肌にも効果的なのが嬉しいところ。

はちみつパックをしてそのまま肌に浸透させても有効ですが、シミが目立つ部分に薄く塗り伸ばしてしばらく放置した後に洗い流す方法も有効なので、自分のやりやすい方法で顔のシミを消しましょう。

ただしはちみつでアレルギー症状が出る方もいるので、はちみつを顔に塗る前に二の腕などの体の目立たない部分で試してから使用しましょう

 

緑茶パックをする

緑茶でもシミそばかす対策ができます。

緑茶にはビタミンCだけでなく、クロロフィルやタンニン、カテキンなどシミそばかすに有効な成分が多く含まれている食品です。

緑茶パックの作り方は、小麦粉と緑茶を2:1の割合で混ぜて、それを緑茶で好みの硬さに溶くだけです。

緑茶パックを顔に塗ったら5~10分放置後に洗い流しましょう。

 

米のとぎ汁で洗顔する

米のとぎ汁にはビタミンB1やビタミンC、ビタミンEやミネラルなど、美肌に有効な成分がたくさん含まれています。

ビタミンCがあるので今あるシミにも効果を発揮しますが、肌質を改善しシミそばかすを予防する効果も期待できます。

米のとぎ汁はまずはお米を軽くといで、最初に出てきたとぎ汁を使用しましょう。

洗顔時に顔になじませるように使用し、その後水でしっかりと洗い流しましょう。

 

セルフケアで顔のシミを消す方法 美白ケア

身近にあるモノで顔のシミを消す方法は、準備やその後の処理が面倒な場合もあります。

もっと簡単に自宅で顔のシミを消したい方は、美白ケア用品を使用してみてはいかがでしょうか。

ここからは、美白ケアで顔のシミを消す方法をご紹介します。

 

美白ケアは体の外と中からできる

美白ケアというと美白化粧品が真っ先に浮かぶかと思いますが、美白医薬品を飲むことでシミそばかすを消したり予防できます。

美白化粧品は目立つシミそばかすにピンポイントで集中的にケアできますが、目の周辺など刺激に弱い部分には使用できないデメリットがあります。

美白医薬品は体の中から全身のシミそばかすケアができますが、美白化粧品よりも効果が緩やかであるデメリットがあります。

美白化粧品と美白医薬品の両方のデメリットをカバーして、より効果を高めるためには、体の中と外からの美白対策が効果的です。

 

美白有効成分には顔のシミを消すものと顔のシミを予防するものがある

美白有効成分には今ある顔のシミを消す成分と顔のシミを予防する成分があります。

シミ対策にはどちらの成分も必要なので、以下を参考に美白化粧品や美白医薬品を選んでみましょう。

顔のシミを消す成分
ハイドロキノン、ビタミンC(ビタミンC誘導体)、L-システイン(ビタミンCとともに摂取するとシミ消し効果あり)
顔のシミを予防する成分
ビタミンC(ビタミンC誘導体)、アルブチン、フラバンジェノール、コウジ酸、エラグ酸、ルシノール、プラセンタエキス、4MSK、リノール酸S、カモミラET、トラネキサム酸、t-AMCHA、m-トラネキサム酸、TXC

 

美白化粧品で顔のシミを消す・予防する

美白化粧品で顔のシミを消す、顔のシミを予防するにはどうしたら良いのでしょうか。

美白化粧品を選ぶ際のポイントと、おすすめのシミを消す美白化粧品を通販と市販でピックアップしてご紹介します。

 

美白化粧品の選び方のポイント

美白化粧品を選ぶ際には以下の3つのポイントに気を付けましょう。

  • 美白有効成分が配合されている化粧品を選ぶ
  • 続けられる価格帯の美白化粧品を選ぶ
  • 使用方法に応じて美白化粧品を選ぶ

 

美白有効成分は前述の成分を参考に選びましょう。

シミ対策にはシミ消しとシミ予防が有効なので、両方の成分が配合されている化粧品がおすすめです。

美白化粧品の大半は肌のターンオーバーに頼っており、一般的に肌のターンオーバーは28日周期と言われているので、継続使用で効果を実感できます。

美白コスメも継続して使用するために続けられる価格帯の美白コスメを選びましょう。

人によってはオールインワンジェルで手早く美白ケアしたい方や、いま使用している化粧水や乳液などを変えたくない方もいるかと思います。

自分の使用方法に応じて美白化粧品を選びましょう。

 

顔のシミを消すおすすめの化粧品(通販)

こちらでは、通販で購入できる顔のシミを消す化粧品として「ビーグレン QuSomeホワイトクリーム1.9」をご紹介します。

ビーグレン QuSomeホワイトクリーム1.9

 

ビーグレン QuSomeホワイトクリーム1.9とは

ビーグレンは美容雑誌やブログ、SNSで話題のコスメです。

ビーグレンQuSomeホワイトクリーム1.9には、顔のシミを消す美白有効成分ハイドロキノンとビタミンC、シミ予防に有効なアルブチンを配合しています。

独自開発のQuSomeという超微小カプセルで美白有効成分を包み込み、肌内部にしっかり届けて効果を発揮します。

とにかく今あるシミを消したい方におすすめのシミ取りクリームです。

 

ビーグレン QuSomeホワイトクリーム1.9の美白有効成分

ハイドロキノン、ビタミンC誘導体、アルブチン

 

ビーグレン QuSomeホワイトクリーム1.9の価格

通常価格 6,480円 (税込)

定期価格 6,156円 (税込)

 

顔のシミを消すおすすめの化粧品(市販)

こちらでは、市販で購入できる顔のシミを消す化粧品として「ケシミンクリームEX」をご紹介します。

ケシミンクリームEX

 

ケシミンクリームEXとは

市販のシミ消しクリームでは、CMでもおなじみの小林製薬のケシミンが有名です。

ケシミンクリームEXは美白有効成分としてビタミンC誘導体とアルブチンを配合しており、主にシミそばかす予防に効果を発揮します。

ケシミンクリームEXその他にも保湿成分や美肌成分が配合されているので、肌質改善にも有効でおすすめです。

 

ケシミンクリームEXの美白有効成分

ビタミンC誘導体、アルブチン

 

ケシミンクリームEXの価格

1,454円(アマゾン販売価格)

 

美白医薬品・サプリメントで顔のシミを消す・予防する

美白医薬品で顔のシミを消す、顔のシミを予防するにはどうしたら良いのでしょうか。

美白医薬品を選ぶ際のポイントと、おすすめのシミを消す美白医薬品・サプリメントを通販と市販でピックアップしてご紹介します。

 

美白医薬品・サプリメント選び方のポイント

美白医薬品を選ぶ際には以下の3つのポイントに気を付けましょう。

  • 美白有効成分が配合されている医薬品を選ぶ
  • シミそばかす以外にも有効な美白医薬品を選ぶ
  • 長く続けられる価格帯の美白医薬品を選ぶ

 

美白化粧品同様に、L-システインやビタミンCなどの美白有効成分が配合されている美白医薬品を選びましょう。

シミ消し成分とシミ予防成分、両方の成分が配合されている美白医薬品がおすすめです。

美白対策というとシミそばかすへの効果に注目しがちですが、保湿効果や肌質を改善する成分が配合されていると肌本来のバリア機能が高まり、顔のシミができにくくなります。

美白ケアには予防も重要なので、シミそばかす以外にも有効な医薬品を選びましょう。

美白医薬品は美白化粧品と同じく、肌のターンオーバーを促進することでシミの元となるメラニン色素を排出します。

肌のターンオーバーは20代ではおよそ28日間で1周期ですが、加齢とともにそのサイクルも長くなるので、なるべく継続使用できる価格帯のシミそばかす対策医薬品を選びましょう。

 

顔のシミを消すおすすめの医薬品(通販)

こちらでは、通販で購入できる顔のシミを消す医薬品として「ロスミンローヤル」をご紹介します。

ロスミンローヤル

 

ロスミンローヤルとは

ロスミンローヤルは雑誌やメディアで人気の美白医薬品です。

ロスミンローヤルは肩こり、腰痛、冷え性など女性特有の不調にも効果を発揮してくれるのが嬉しいポイント。

9種類の生薬成分を含む22種類の美白・美肌有効成分を配合しているので、シミそばかす対策だけでなく、シワや肌質を総合的に改善して美肌になりたい方におすすめの医薬品です。

 

ロスミンローヤルの美白有効成分

L-システイン、ビタミンC、ビタミンB6

 

ロスミンローヤルの価格

通常価格 7,600円 (税込)

定期価格(初回) 1,900円 (税込)

定期価格(2回目以降) 5,800円(税込)

 

顔のシミを消すおすすめの医薬品(市販)

こちらでは、市販で購入できる顔のシミを消す医薬品として「トランシーノホワイトC クリア」をご紹介します。

トランシーノホワイトC クリア

 

トランシーノホワイトC クリアとは

市販の美白ケアではトランシーノシリーズが有名なのではないでしょうか。

トランシーノには美白化粧品だけでなく美白医薬品も販売されており、体の中から美白対策ができます。

トランシーノホワイトCクリアは市販の美白医薬品の中では、ビタミンとL-システインを高濃度に配合している点がポイント。

シミに効く成分だけでなく美肌成分もたっぷり配合しているので、シミそばかす対策にはトランシーノホワイトCクリアがおすすめです。

 

トランシーノホワイトC クリアの美白有効成分

L-システイン、ビタミンC、ビタミンB2、ビタミンB6

 

トランシーノホワイトC クリアの価格

3,797円(アマゾン販売価格)

 

セルフケアで顔のシミを消す方法 ピーリング

顔のシミを消すにはピーリングも有効です。

ピーリングをすると肌のターンオーバーが正常になり、メラニン色素の排出を促進できるので予防にも効果的。

ピーリングには、皮膚科でおこなうピーリング治療と、自宅でおこなうホームピーリングとがあります。

こちらではセルフケアでできるホームピーリングについてご紹介します。

皮膚科で行うピーリングは、後ほどコチラでお知らせします。

 

ピーリング化粧品の種類

ピーリング化粧品には肌を擦ったり拭き取るタイプや、塗りっぱなしの美容液タイプ、ミルクやジェルで洗い流すタイプなど様々な種類があります。

肌を擦ったり拭き取るタイプは肌への刺激が強いため、まずはミルクやジェルタイプなど洗い流すタイプのピーリング化粧品がおすすめです。

美容液タイプのピーリング化粧品には目元のしわ対策やニキビ対策、毛穴ケアに有効な化粧品もあるので、美容液タイプの化粧品も検討しても良いでしょう。

 

ピーリングの方法

洗い流すタイプ

まずは週に一度くらいのペースで使用して様子を見ましょう。洗顔後シミが気になる部分にのせて軽くマッサージしたあと、時間をおいてぬるま湯で洗い流します。

ピーリング後は肌が敏感な状態なので、しっかり保湿をして肌を保護しましょう。

ピーリング化粧品にもよりますが、週に1~2回目安に使用し、慣れてきたら頻度を上げたり、時間を長くおくなど調節してみましょう。

美容液タイプ

塗りっぱなしにできる美容液タイプのピーリング化粧品は、化粧品によりますが基本的には毎日使用できます。

美容液タイプは数ヶ月使用し続けていくと、薄いシミやシワへの効果を実感できます。

ニキビができにくくなったり、ニキビ跡が薄くなる効果もあるので、ニキビのお悩みの方にもおすすめです。

 

セルフケアで顔のシミを消す方法 保湿ケア

顔のシミを消すには保湿ケアも大切。

肌の保湿は一見すると美白と無関係のように思えますが、大いに関係あるのです。

こちらでは、保湿に期待できる美白効果やおすすめのスキンケアをご紹介します。

 

肌を保湿すると肌のバリア機能が保たれる

肌が充分に保湿されていると肌のバリア機能が保たれます。

肌のバリア機能が正常に働いていると、紫外線や肌の摩擦などの刺激によるダメージを受けにくくなります。

メラニン色素は肌への刺激により生成されるので、肌をしっかり保湿して肌のバリア機能を高めればシミそばかすを予防できます

 

保湿には肌のターンオーバーを正常化する効果も

保湿は肌のバリア機能を高めるだけでなく、肌のターンオーバーを促進したり正常化する効果もあります。

肌のターンオーバーが正常に機能していると、シミの元となるメラニン色素がシミになる前に排出されるので美白に効果的です。

肌のターンオーバーが整うと美肌にも良いので、保湿は美白にも美肌にも重要です。

 

肌タイプ別 おすすめのスキンケア方法

肌の保湿は美白に有効ですが、保湿成分が自分の肌質に合っていないと効果がなくなってしまいます。

自分の肌質に合う保湿化粧品を選んで保湿しましょう。

肌タイプ おすすめの保湿化粧品
普通肌 保湿美容液(セラミド配合)
脂性肌 ノンオイルの保湿美容液(セラミドまたはヒアルロン酸配合)
混合肌 油分の少ない保湿美容液(セラミド配合)
乾燥肌 保湿美容液(セラミド配合)+保湿クリーム

 

セルフケアで顔のシミを消す方法 紫外線対策

シミは紫外線などの肌への刺激により発生します。

シミの種類によってシミの原因が異なりますが、すべてのシミは紫外線で悪化します。

シミが悪化するとセルフケアでシミを消せないので、紫外線対策は美白対策には不可欠です。

こちらでは、紫外線対策の代表格である日焼け止めに着目して解説します。

 

紫外線にはUV-AとUV-Bの2種類がある

肌にダメージを与える紫外線には、紫外線A波(UV-A)紫外線B波(UV-B)があります。

UV-AとUV-Bの違いは肌へのダメージの深さの違いで、UV-Bは肌の表皮にダメージを与えるのに対して、UV-Aは肌の真皮までダメージを与えます。

UV-AもUV-Bもどちらも肌に対してダメージを与えるため、両方の紫外線から肌を守る必要があります。

 

日焼け止めの選び方 SPFとPAをチェック

日焼け止めの選び方で重要なのはSPFPAです。

日焼け止めなどの紫外線対策アイテムには、UV-AとUV-Bを防ぐ効果を示した、SPFとPAというサンケア指数が設けられています。

SPFとPAの適切な数値を以下を参考にして、生活シーンに合わせた日焼け止め選びましょう

 

日焼止め選び方 SPFとPAの目安

 

日焼け止めを正しく塗るには

日焼け止めの選び方にそって日焼け止めを選んだとしても、日焼け止めを正しく塗れていないと効果を実感できません。

日焼け止めを有効に使うためには、以下の2つのポイント気を付けて使用しましょう。

  • 日焼止めはたっぷりと厚く塗る
  • 日焼止めを2~3時間おきに塗り直す

 

セルフケアで顔のシミを消す方法 スキンケアの見直し

顔のシミの原因は紫外線だけでなく、肌への摩擦などの刺激でも発生します。

毎日のスキンケアで強くパッティングしたり擦ると、肌が刺激されてシミにつながります。

普段の肌のお手入れで肌に刺激を与えていないか、この機会に見直ししてみましょう。

 

クレンジングで顔のシミを防ぐには

クレンジングで肌を摩擦すると刺激で肌にダメージが与えられるので、肌をこすり過ぎないように気を付けましょう。

多めのクレンジングを使用して手早く終わらせ、すすぎの際も手でこすらないようにすることで肌への負担を軽減できます。

 

洗顔時で顔のシミを防ぐには

クレンジングと洗顔で肌に負担が強いのはクレンジングなので、クレンジングは弱めにして、洗顔をしっかりおこないましょう

洗顔で重要なのは、たっぷりの泡で強くこすらずに皮脂をしっかり落とすこと。

皮脂が残ってしまうと過酸化脂質に変わり、シミやそばかすや肌トラブルの原因になるので、皮脂をキレイに落としましょう。

 

化粧水で顔のシミを防ぐには

化粧水はパッティングのイメージが強いですが、洗顔後の肌に手で優しく押さえるようにつけるのがおすすめです。

顔を両手で包むように押さえた後、全体的に軽くのばすだけで、肌表面に水気が残っていてもOK。

肌へすり込んだりパッティングすると、摩擦で肌が傷むのでやめましょう

 

美容液で顔のシミを防ぐには

美容液も化粧水同様に手で押さえるように顔全体につけますが、乾燥の程度によっては部分的にメリハリをつけるとより効果的です。

美白ケアには肌を乾燥させずにしっかり保湿することが大切なので、顔に塗った直後は少しつけ過ぎと感じるくらいにべたっとするくらいが丁度良いでしょう。

脂性肌で皮脂が気になる方は、油分が少なめの保湿美容液を選びましょう。

 

クリームで顔のシミを防ぐには

美容液で保湿ケアした後にクリームを顔全体に薄く塗ります。

クリームをつける際に大切なのは、肌に摩擦刺激を与えないように強く擦らないことです。

クリームを全体に使用する場合もピンポイントで使用する場合も、やさしくなじませるようにつけるようにしましょう。

 

生活習慣の改善で顔のシミを消す方法

顔のシミを消すにはこれまでにご紹介してきた美白ケアが有効ですが、生活習慣を見直すことでシミを消したりシミを予防するなど根本的な改善が期待できます。

生活習慣が改善されると美容だけでなく健康にも良いので、ぜひ取り入れていきましょう。

 

食事で顔のシミを消すには

食事は肌を作る材料となるので、バランスの良い食生活はシミ対策の要です。

以下に気を付けて顔のシミを消しましょう。

 

緑黄色野菜はビタミンが豊富でおすすめ

肌の酸化を抑えると肌の老化を防ぎ、シミそばかす予防につながります。

抗酸化力の強いビタミンA、C、Eを多く含む緑黄色野菜が特におすすめなので、積極的に以下の食材を食べましょう。

ビタミンA かぼちゃ、ブロッコリー、にんじん、パプリカ、ほうれん草、チンゲン菜、小松菜など
ビタミンC カリフラワー、キャベツ、ピーマン、パプリカ、ブロッコリー、れんこん、じゃがいもなど
ビタミンE かぼちゃ、アボカド、モロヘイヤ、アーモンドなど

 

肌の元となるたんぱく質も忘れずに

肌はタンパク質からできているので、たんぱく質を多く含む肉や魚も摂取しましょう。

ダイエットなどで肉や魚を摂らない食生活が続くと、タンパク質が不足して肌の老化を促進してしまいます。

肉は太るイメージがあるかもしれませんが、赤身肉や皮を除いた鶏肉であれば脂質も少なく、太りにくいです。

肉か魚のどちらかを毎日100gくらいを目安に摂取しましょう。

 

睡眠で顔のシミを消すには

顔のシミを消すためには睡眠も重要です。

肌の再生・肌のターンオーバーは主に睡眠中におこなわれており、睡眠不足になるとシミが消えずに残ってしまいます

美肌のために守りたいという睡眠のポイントをご紹介するので、ぜひ参考にしてみてください。

 

睡眠で顔のシミを消すポイント

  • 遅くとも深夜0時までに眠る
  • 最低でも1日6時間の睡眠をとる
  • 就寝時間を一定にして体内時計を整える
  • 寝る前に入浴して体を温める
  • カフェインを含む飲み物は夜8時以降に摂らない
  • アルコールは睡眠の質を低下させるので就寝前に控える
  • ホットミルクやカモミールティーなど、寝つきを良くする飲み物を飲む

 

運動で顔のシミを消すには

運動には代謝アップや血行促進など様々な効果があり、美肌にとっても大切です。

運動にはストレス解消するという嬉しい効果もあるので、自分のできる範囲で取り入れていきましょう。

 

有酸素運動が手軽でおすすめ

スポーツジムに通うのは費用が気になったり億劫に感じる方も多いと思いますが、ジムに通わなくても5~10分程度のウォーキングを週に1~2回おこなうだけで十分効果があります。

外に出るのが面倒な方は、自宅でできるストレッチやヨガもおすすめ

YouTubeにはストレッチやヨガの動画があるので、動画を見ながら真似してみましょう。

 

さらに美白効果を狙うなら有酸素運動前の筋トレがおすすめ

成長ホルモンが増える筋トレを有酸素運動前におこなうと、有酸素運動の効率がアップするのでおすすめです。

余力のある方は、腹筋やスクワットなど軽い筋トレを有酸素運動前にしてみましょう。

 

とにかく早く顔のシミを消すなら皮膚科治療がおすすめ

ここまではセルフケアでできる顔のシミを消す方法をご紹介してきましたが、セルフケアではどうしても即効性が期待できません。

顔のシミをなるべく早く消したいのであれば、皮膚科の治療を検討してみてはいかがでしょうか。

こちらでは主な治療法と、それぞれのメリットとデメリットをご紹介します。

 

皮膚科の顔のシミを消す治療 レーザー治療

レーザー治療とは

レーザー治療はシミの部分にレーザーを照射して一時的に軽い火傷のような状態を起こし、その後かさぶたの状態を経てシミが薄くなります。

 

レーザー治療のメリットとデメリット

レーザー治療のメリット

  • 老人性色素斑、脂漏性角化症に効果的
  • そばかすにも効くが再発する可能性もある
  • 治療期間が1ヶ月から3ヶ月と比較的短い
  • シミ1ヶ所につき数千円程度で治療できるので数が少なければ安く済む

 

レーザー治療のデメリット

  • レーザー照射後の絆創膏やかさぶたが目立つ
  • シミの面積やシミの個数が増えると治療費がかさむ

 

皮膚科の顔のシミを消す治療 フォトフェイシャル

フォトフェイシャルとは

フォトフェイシャルは、レーザー治療よりももう少し波長の広い光を使用します。

IPL光治療ともいわれ、レーザーに比べて広範囲に照射ができる特徴があります。

 

フォトフェイシャルのメリットとデメリット

フォトフェイシャルのメリット

  • そばかすに効果的
  • 照射後に絆創膏が不要でかさぶたもできないので日常生活に支障がない

 

フォトフェイシャルのデメリット

  • 効果が穏やかなので治療に3ケ月から6ヶ月要する
  • 治療期間が長いので治療費がかさむ(頬のみで3万円から6万円、全顔で10万円から20万円が目安)


 

皮膚科の顔のシミを消す治療 ピーリング

ピーリングとは

ピーリングは肌表面の角質を除去して肌の代謝を上げることにより、古いメラニン色素を排出してシミそばかすを薄くします。

 

ピーリングのメリットとデメリット

ピーリングのメリット

  • 炎症性色素沈着、肝斑に効果的
  • 日常生活への支障がない

 

ピーリングのデメリット

  • 効果が穏やかなので治療に3ケ月から6ヶ月要する
  • 治療期間が長いので治療費がそれなりに必要(5万円から10万円が目安)

 

皮膚科の顔のシミを消す治療 ビタミンCイオン導入

ビタミンCイオン導入とは

ビタミンCイオン導入は、電気の力でビタミンCの化粧水などを肌に浸透させていく治療法です。

ビタミンCイオン導入のメリットとデメリット

ビタミンCイオン導入のメリット

  • 炎症性色素沈着、肝斑に効果的
  • 日常生活への支障がない
  • 肌が弱い方にもおこなえる

 

ビタミンCイオン導入のデメリット

  • 効果が穏やかなので治療に3ケ月から6ヶ月要する
  • 治療期間が長いので治療費がそれなりに必要(1回につき1万円)

 

皮膚科の顔のシミを消す治療 プラセンタ注射

プラセンタ注射とは

人の胎盤から抽出したプラセンタエキスを注射する治療法です。

 

プラセンタ注射のメリットとデメリット

プラセンタ注射のメリット

  • モヤモヤとした薄いシミ、くすみに効果的
  • 日常生活への支障がない
  • 肌が弱い方にもおこなえる
  • 比較的治療費が安い(頻度によるが1ヶ月につき1,500円から8,000円前後が目安)

 

プラセンタ注射のデメリット

  • 治療期間に終わりがない

 

皮膚科の顔のシミを消す治療 皮膚科処方の塗り薬

皮膚科処方の塗り薬とは

皮膚科処方の塗り薬は美白有効成分を高濃度に配合でき、市販の塗り薬よりも高い効果が期待できる治療法です。

皮膚科処方の塗り薬のメリットとデメリット

皮膚科処方の塗り薬のメリット

  • 老人性色素斑、炎症性色素沈着、そばかす、肝斑に効果的
  • 日常生活への支障がない
  • 比較的治療費が安い(1ヶ月につき数千円から1万円前後が目安)

 

皮膚科処方の塗り薬のデメリット

  • 効果が穏やかなので治療に3ケ月から6ヶ月要する

 

皮膚科の顔のシミを消す治療 皮膚科処方の飲み薬

皮膚科処方の飲み薬とは

皮膚科処方の飲み薬は美白有効成分を高濃度に配合でき、市販の飲み薬よりも高い効果が期待できます。

 

皮膚科処方の飲み薬のメリットとデメリット

皮膚科処方の飲み薬のメリット

  • 老人性色素斑、炎症性色素沈着、そばかす、肝斑に効果的
  • 日常生活への支障がない
  • 全身のシミがケアできる
  • 比較的治療費が安い(1ヶ月につき2000円が目安)

 

皮膚科処方の飲み薬のデメリット

  • 効果が穏やかなので治療に3ケ月から6ヶ月要する

 

シミが消えるまで待てない!顔のシミを隠す方法とは?

顔のシミを消すには、セルフケアでも皮膚科治療でもそれなりに時間がかかります。

顔のシミが消えるまで、顔のシミを隠すにはどうしたら良いのでしょうか。

 

顔のシミはメイクで簡単に隠せる

顔のシミはメイクで簡単に隠すことができます。

ただしシミやそばかすをメイクでキレイに隠すにはコツが必要です。

自然にシミやそばかすを隠すために、以下の3つのポイントに気を付けましょう。

  • 化粧下地にも気を抜かない
  • 液状のファンデーションを選ぶ
  • 部分的にコンシーラーを活用する

 

顔のシミを隠す方法 化粧下地でファンデーションを密着させる

顔のシミを隠そうと思うとコンシーラーに目が行きがちですが、ベースメイクの仕上がりの要となる化粧下地も顔のシミを隠すためには重要です。

化粧下地をしっかり塗って、ファンデーションが密着しやすい状態にしましょう。

 

顔のシミを隠す方法 肌悩みのカバーには液状ファンデーション

顔のシミを隠すためには、肌に密着しやすいリキッドタイプクリームタイプのファンデーションやBBクリームもおすすめです。

液状のファンデーションでも軽い付け心地のファンデーションもあるので、自分の好みや肌質に合わせて選びましょう

 

顔のシミを隠す方法 目立つシミをコンシーラーで隠す

薄いシミはファンデーションでも隠せますが、濃いシミはファンデーションでは隠せません。

濃く目立つシミやそばかすはコンシーラーで隠しましょう。

コンシーラーが悪目立ちしないようにするためには、ファンデーションよりもやや暗めの色を選ぶのがポイントです。

 

顔のシミを消す方法まとめ

顔のシミを消す方法についてご紹介してきました。

自分の顔のシミのタイプを正しく把握して、適切な美白ケアをしましょう。

 

まずは簡単に取り入れられる以下のセルフケアから実践してみましょう。

  • 自宅にある身近なモノで顔のシミを消す
  • 美白化粧品・美白医薬品で顔のシミを消す
  • ピーリング化粧品で顔のシミを消す
  • 十分な保湿ケアでシミの悪化と発生防止
  • 正しい紫外線対策でシミの悪化と発生防止
  • スキンケアの見直しで肌本来の機能を改善
  • 生活習慣の改善で肌本来の機能を改善

 

即効性がほしい方は、以下の皮膚科治療を検討してみてはいかがでしょうか。

  • レーザー治療
  • フォトフェイシャル
  • ピーリング
  • ビタミンCイオン導入
  • プラセンタ注射
  • 皮膚科処方の塗り薬
  • 皮膚科処方の飲み薬

 

顔のシミを消す方法を実践して、綺麗な美白肌を目指しましょう。

 

The following two tabs change content below.
真山ゆう子

真山ゆう子

学生時代から美容に興味があり、プチプラコスメを中心に様々な商品を使用。 2018年にIT企業から独立してライターへ転身。 化粧品や美容グッズの商品レビューや、美容関連の記事を中心に執筆。 肌質は乾燥に傾きがちな混合肌で、身体の中と外からスキンケアに取り組み中。

コメント